保険

シェアする

生命保険、火災保険、自動車保険・・・

保険とは
「火災・死亡など偶然に発生する事故によって生じる経済的不安に備えて、
多数の者が掛け金を出し合い、それを資金として事故に遭遇した者に一定金額を給付する制度。」
だそうだ。

現代社会では保険は無くてはならないものである。
公的な保険(健康保険、介護保険等)だけでなく、
個人でも様々な保険に加入するのが一般的である。

人にとって「将来の経済的な不安」というのは非常に怖いものである。
現在の生活レベルよりも非常に低いレベルで生活することは、
想像するのも嫌だという人が多いのではないだろうか。
そのような不安を払しょくするため、保険に加入するのである。

ところで、
このことを保険会社側から見ると、
「不安をあおれば保険に加入してくれる」ということでもある。
かなり低い確率でしか起こらないことを、
「頻繁に起こっている」かのような言いかたで不安をあおったり、
公的な保険でかなりの部分賄えるものを説明せずに過剰に不安があるかのような見せ方をしたり・・・

保険会社側は過去のデータを保有している。
過去のデータから実際にどの程度の確率で事故が起こるのかということを完全に把握している。
それに対し、契約者側はそのような情報はなかなか知りえない。
つまり、取引を行う両者で持っている情報量が大きく異なるのである。

このような状態であれば、
都合の良い説明だけを行って、過剰に加入させたり、
不必要な保険に加入させたりする保険会社が横行するのも無理はない。

さて、ではどのようにすればこのような無駄な保険契約から
身を守ることができるのだろうか。
そのためには、まずは情報を知ることである。
保険の仕組みがどうなっているか、
自分に合った保険とはどの様なものか、などである。

このサイトでは、様々な保険の詳細については説明しない。
そのかわり、「自分にとって最適な保険を見つけるための『考え方』」について説明する。

「自分」に最適な自動車保険の選び方

自動車保険の選び方・考え方

火災保険の考え方

火災保険の契約内容を決めるときの考え方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする